【お腹の脂肪の落とし方2!】2020.07.05 update

みなさんこんにちは(^-^)/

今日も雨が降ってジメジメしてますね〜💦
髪の毛がうねるうねる😵。。。


さて今回は前回に引き続きお腹の脂肪の落とし方2として
説明したいと思います!

前回では有酸素運動時の運動強度の説明をしましたが、
今回は有酸素運動をやるタイミングの説明をしますね!


【有酸素運動のタイミング】

まず、有酸素運動は空腹時に行うようにしましょう。
空腹時とは起床後や食事をしてから
だいたい3時間以上経過した
『血糖値が低い時』を指します。

起床後や食事をした3時間後は血糖値が低くなっていて、
エネルギーが不足をした状態となっています。

このタイミングで有酸素運動をすれば、
体は体脂肪を燃やしてエネルギーを作り出します。

【お腹の脂肪の落とし方2!】

【有酸素運動の時間・頻度】

ここまでで有酸素運動時の
運動強度と有酸素運動を行うタイミングは
分かって来たと思います。

では、今度は有酸素運動の時間と頻度について説明しますね!😲

結論から言いますと1回30分程度を週2~3回程度で十分です。

少し前までは1回20分以上やらないと
脂肪は燃焼されないと言われて来ましたが、

最近の研究では1日1回10分を3回に分けても30分
有酸素運動をやった効果が有る
といわれるようになりました。

なので1日の中で
30分の時間がなかなか取れないという方でも
1回10分を3回行うだけでも十分効果があるといえます。

通勤の行き帰りの時間などを利用して
上手く時間を確保してチャレンジしてみて下さいね!

ただ、有酸素運動のやり過ぎは要注意です⚠️

有酸素運動をやり過ぎてしまうと、
代謝が下がって来てしまい
逆に痩せにくい体を作ってしまいます。

この部分はちょっと説明が難しくなってしまうので割愛しますが、
筋肉の速筋繊維が遅筋線維化してしまうという関係があります。

さらに、有酸素運動をやり過ぎてしまうと疲労が蓄積してしまい、
疲れが抜けにくくなってしまいます。
なので有酸素運動のやり過ぎには十分注意して下さいね!

【お腹の脂肪の落とし方2!】

【有酸素運動の種目】


有酸素運動と聞くと思い付くのが
マラソンなどを想像するかと思いますが、
有酸素運動のオススメの種目は
「早歩き、スピードウォーク」です!

マラソンなどは慣れていないうちに行うと、
膝関節や足首などに負担がかかってしまい
痛みが出てきてしまう恐れがあるので、あまりオススメは出来ません。

しかし早歩きでしたら通勤時などでも出来ますし、
膝や足首への負担も少なくなるのでオススメです😊

早歩きなどで前回説明をした心拍数をキープしながら行う方が
日々のライフスタイルとして継続出来ると思うので
是非やってみて下さいね!😉✨


最後に。。
お腹の脂肪は腹筋運動では落ちません。
重要なのは体脂肪を燃焼させるのが1番の近道です!
日々の食事を見直して運動をライフスタイルに取り込み、
理想の体を手に入れましょう!💪✨


【お腹の脂肪の落とし方2!】

トレーニングの無料体験は随時受付ております😊

ダイエットの方法が分からない方や、
トレーニングの方法が分からない方にも分かりやすく説明しますので、
お気軽にお問い合わせ下さいね!✨

【お腹の脂肪の落とし方2!】

BACK