クリスプサラダでアレンジメニュー2020.09.17 update

こんにちは

クリスプ南町田GP店chiharuです。

今日は、
クリスプサラダでアレンジメニューを考えてみました。

ぜひ作ってみてくださいね。

【クリスプの”シーザーサラダ”を使って”ガレット”】

クリスプサラダでアレンジメニュー

■ガレットとは
フランスブルターニュ地方の郷土料理、
そば粉を使用したクレ-プのもとになった料理です。
クレ-プとの違いは、粉と材料でしょうか。


ガレットは、主にそば粉、塩、水で作られるのに対し、
クレ-プは小麦粉、卵、砂糖、バターが入っています。

あとは、イメージ的に、
ガレットはお食事として、しょっぱい具材がのっている、
クレープは甘いものという印象です。

ガレットの説明は、ここまでにして、作り方にいきましょう。


■シーザーサラダ
ドレッシング(シーザー)別添え
クルトン、パルメザンも別添え


★材料
•シ-ザーサラダ(別添えシ-ザードレッシング)
•そば粉(成城石井南町田店にて購入)
•卵(生地用に1個、他は食べる枚数分)
•べーコン
•ニンニク
•キノコ(お好み各種:今回は、椎茸、シメジ、エノキ、エリンギ)
•ピザ用溶けるチ-ズ

【作り方】
①生地をつくります。
そば粉150g,塩小さじ1/4,水250ml,卵1個
をボ-ルで混ぜ、1時間ほど寝かします。

②その間に、ニンニクをみじん切りにし、
キノコやべーコンを食べやすい大きさにきります。
フライパンにオリーブオイル適量入れ、
みじん切りにしたニンニクを入れ、火にかけます。

少し色づき香りが出てきたら、ベーコンを入れ火を通し
、少し色づき始めたところにキノコ類をいれます。
塩、胡椒、あと隠し味にお醤油を少し加えましょう。
別の入れ物に取り出しておきます。

③皮を焼いていきます。
フライパンでもホットプレートでもどちらでも大丈夫です。
少し油を引いた方がよいです。
生地を丸くおたまを使って、伸ばし焼きます。
片面が焼けたらひっくり返し、片面を焼いている時に、
まず、チ-ズをのせ、この時真ん中に卵をのせる様土手になるように円形に置くとよいです。
中心に卵を割り入れます。
そのまわりにベーコン&キノコのソテーをのせ、四角の形になる様に縦上下ら横左右を少し折ります。

蓋をし、卵に火を通します。皮が焼け過ぎてしまわない様に弱火にしてください。
お好みの卵の硬さに焼けたら(完全に火を通したい方はひっくり返して、卵に火を通した方がよいです。)お皿に取り出します。

④シーザーサラダにドレッシングだけを混ぜます。

⑤焼けたガレットの上にサラダをのせ、クルトン、パルメザンをのせて出来上がりです。

※そば粉の生地が面倒であれば、
先日タコスのアレンジレシピでご紹介した、
小麦粉で出来たタコスの皮が、カルディ-さんの冷凍庫に売ってます。
そちらを代用しても、お手軽で美味しいです。
オシャレな休日のランチメニューにいかがてしょうか?

ブルターニュ地方の名産、リンゴから出来たお酒のシ-ドルと一緒に召し上がるのもオススメです。

クリスプサラダでアレンジメニュー

BACK

最近のショップトピックス