2020年10月からのロタワクチン公費化について2020.07.01 update

こんにちは。院長の千葉です。

ロタワクチンが、2020年10月1日から定期接種に指定されます。
対象は2020年8月1日生まれの赤ちゃんからです。
(2020年7月31日までに生まれた赤ちゃんは有料の任意接種となります)

ロタワクチンは生後2か月から接種(経口内服)することが多い、
乳幼児期の胃腸炎を予防するワクチンです。

―主な変更点-
1)2020年8月1日以降にお生まれのお子さんは公費(無料)ワクチンとなる

2)初回接種の時期
生後2ヶ月~生後14週6日まで

―公費化に伴ってのルール―
・ロタワクチンの初回接種は生後14週6日までに行う(副作用を最小限にするため)
・ロタワクチンの間隔は4週間
・接種(内服)の時に吐き出した場合は再投与を行わない(半量程度でもワクチン効果が得られることが報告されている)

―ワクチンの種類―
現在、日本では2種類のワクチンが発売されています。

1)ロタリックス(GSK社)
・2回接種(経口接種)
・1回接種量1.5ml
・4週間以上の間隔をおいて、生後24週0日までに、2回目の接種を完了します。

2)ロタテック(MSD社)
・3回接種(経口接種)
・1回接種量2.0ml
・4週間以上の間隔をおいて、生後32週0日までに、3回目の接種を完了します。

当院ではどちらのワクチンもお取り扱いしております。
ご不明な点等ございましたら、お問い合わせください。




2020年10月からのロタワクチン公費化について

☆チャイルドクリニックについて☆
土曜・日曜・祝日と365日 朝9時~19時まで診療を行っております
(12時半~14時半がお昼休み)
予防接種、乳幼児健診も365日受付、朝9時~19時で予約ができます
(特別待合室で待合することで、安心して受診することができます)

BACK

最近のショップトピックス