【関東では知名度低め?!】 水無月  今日から販売です♪2021.05.14 update

当店は東京都が発表しているガイドラインを遵守したうえで、
感染防止対策を継続し、一部時間を短縮して(営業を再開して)おります。

「水無月」とは


1年のちょうど中間にあたる6月30日に

半年間の厄払いと残りの半年の無病息災を願う宮中行事

「夏越の祓」で食べられていたお菓子です🎐






かつての「夏越の祓」では氷室から取り出した氷(雪)を食べていたのですが

当時、氷は高級品だったため

次第に氷に見立てた白いういろうの上に

厄除けに良いとされる小豆をのせた

和菓子「水無月」を食べるように徐々に変化したそうです✨







もちもち食感をどうぞお楽しみくださいませ💕

5/13~
初夏限定販売

【関東では知名度低め?!】 水無月  今日から販売です♪

関西出身の方にはお馴染みのお菓子で
懐かしい!という声をいただくことが多いです



関東の和菓子屋さんで水無月を販売しているのは
少し珍しいかもしれません😋



和菓子紀の国屋 本店・工場は
東京 武蔵村山市にございます。

BACK

最近のショップトピックス